永井先生が身内晒しにブチ切れ

8ネット配信者、永井浩二がツイッターで悪意のある個人情報晒しにブチ切れし、引退をほのめかし、しまいには殺害予告をして永井先生のツイッターが停止されるという事態に発展した。

スポンサードリンク

連日の会合に一部のリスナーから反感が高まる

ここ最近の永井先生は会合(リスナーとのオフ会)で忙しく、放送配信の頻度が少なくなってきておりファンからの反感が高まっている状態であった。o4YQct7
反感が高まっていた末に2ちゃんねるのスロットサロンのスレッドに永井先生の電話番号が晒されることに。そして、その情報をもとにして家族のFacebookが特定される。結果、悪意のあるリスナーに家族の写真を大量にリプされ炎上し、永井先生の怒りが爆発したのであった。iOkNBQI

JIY0DE1

t07gYUs

▲この発言により、現在の永井先生のツイッターは凍結している。

ネット上の反応

  • ネットは善人ばかりいるんじゃないし
    目立つってことは家族や友人もターゲットになるリスクが有るってことを理解しないと
  • こいつは引退なんてできないよ
    ネットでチヤホヤされる楽しみ知っちゃったからやめてもすぐ戻ってきたくなる
    事実今まで何度も引退してもすぐ復帰を繰り返してきたしな
  • Facebookにアップされている画像なのになんで怒るのか理解できない

SNS時代における認識の相違

今回の騒動で、インターネットに個人の顔などをアップすることに対する認識の相違がみられた。インターネット黎明期からネットを利用していた人にとってインターネットに個人情報を出すこと一種の恐怖を感じるが、ネット暦が短いほど恐怖は感じず顔出し配信に抵抗がない。永井先生は圧倒的にアングラ時代のネットの先入観を持っているため、ブチ切れしたのであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。