2015年開始のマイナンバー制度(番号制度)とは何ですか? 副業はバレる? 借金はバレる?

2015年より施工されるマイナンバーとは、どんな意味で導入されどんな効果があるのか? メリットは? 個人情報は大丈夫なの?また私たちの生活にどうかかわってくるのか? など、マイナンバーのいろいろな疑問を解決。

スポンサードリンク

マイナンバーとは?

マイナンバーとは個人を特定するための番号で出生時から死亡時まで原則、変更されない数字。結婚しても変更はありません。

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるもの。また、政府・与党が、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)について、2018年から金融機関の預金口座に適用する方針を固めている。

ちなみにマイナンバーは年金番号とまた別の数字であり、ごっちゃになるが注意すること。

p05

マイナンバー制度がもたらすメリット

  • 各個人の所得を正確に把握できるようになり、公平な税負担や社会保障のより的確な提供といった効果が期待されている
  • 行政コストが削減できるほか、個人の所得状況や社会保障の受給実態を正確に把握しやすくなり、公平で効率的な社会保障給付につながる
  • 災害時要援護者リストの作成/更新や災害時の本人確認等に活用ができます。また、生活再建への効果的な支援も行えるようになると期待

ひらたくいうと脱税予防と国民の完全な管理を目的として施工される制度だ。政府の狙いは税金管理を徹底させるために導入するのであろう。わたしたちの利点としたら、確定申告している個人事業主などは税金管理が楽チンになるので大喜びだ。あとは、脱税で大金をプールしてる人がでてこなくてフェアになるということぐらいか。あまりメリットはないように思える。コスト削減で人件費削減になって税金減るかもぐらいの気持ち。ないか。

マイナンバーで生活が一変するかも!?

平凡に生活を送っている方にはあまり関係の無い制度であるマイナンバーだが、こと「内緒」だとか「秘密に」だとかいう人は戦々恐々な心持ちである。

マイナンバーで副業が会社にバレます

これはもう確定的にあきらか。現在徴収区分で税金を管理して、なんとか会社にばれずに副業・副収入を得ている方も今後はマイナンバー制度により「住民税の金額」でバレる。人と比べて納めている額が多いとか少ないとかでばれる。今のうちに手をうっておかなければならない。ネットビジネスや株式投資も会社にばれることになる。

預金残高の推移で税金徴収される可能性もある

年間で税金を払っている金額よりあきらかに預金が多いと税務署から目をつけられる可能性大。

マイナンバーで借金がばれる!?

「マイナンバーって恐い!個人情報つつぬけじゃん!借金もばれちゃうよぅ~」と心配されているかたはご安心を。借り入れなどはマイナンバーでは管理はしていないのでばれることはありえません。今のところマイナンバーはあくまでも社会保障や税金などの情報にとどまっている。

まとめ

政府「脱税予防でマイナンバー導入するぜ!」

わたし「メリットあるの?」

政府「メリットはとくにない。ちなみに君の副業はバレるよ。覚悟しておけ」

わたし「」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。